スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単なチュートリアル風キャプチャ動画をとろう

チュートリアル風のキャプチャ動画を取る際に利用してみると便利かもしれないフリーソフト。気に入ったものを列挙してみました。同種のものはたくさんあるので、使いやすいものが見つかれば随時追記していく予定。
 方向性は、取った動画をなるべく加工しないリアルタイム進行でお手軽重視。OSはWinXP。


動画キャプチャ


CamStudio
http://camstudio.org/
日本語版
http://nonn-et-twk.net/twk/CamStudio/
範囲指定可能、音声録音、注記など基本的な機能がそろってます。圧縮をMicrosoft Video1の品質70くらいにしとくと、そこまで長くなければ、文字がつぶれない程度の画質で要領が100MB以下に収まるので、動画共有サイトなどに直接投稿できる。CamCodecを使えば、そこそこ容量を抑えて無劣化のキャプチャがとれる。
一時停止ができるのも結構便利。その他、マウス強調やマウスが指定範囲を離れたときの自動追随までついてる。

DxCapture
http://maglog.jp/ryouj/
ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se429690.html
ゲーム画面用の動画キャプチャソフト。ゲームを阻害しないようにか動作が軽い。長期のキャプチャ動画を取る際にはこちらのほうがいいような気がする。

アマレココ
http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/
軽い動作で、長時間録画もオーケーというのが売りのキャプチャソフト。録画時の動作はかなり細かく制御できる。


手書き書き込み


らくがきですくとっぷ
http://hp.vector.co.jp/authors/VA005115/
キャプチャ画面に手書きで書き込みができる。

ReviewAssistant 1.0
http://www.winsystem.jp/soft_reviewassistant.html
こちらは文字入力もできる。ただし、フリー版は1オブジェクトまで。


一部拡大


拡大窓
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se324792.html
マウス周辺を別窓に拡大表示。

マウスルーペ
http://www.catsyawn.net/ma2ten/mysoft.html#MLOUPE
マウスを追随して横に拡大表示する。


文字表示


Harimoji
http://hp.vector.co.jp/authors/VA031375/
画面最前に任意の文字列を任意のフォントで表示できる。画像にも対応。


画像表示


NIV(N-Soft Image Viewer)
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se413588.html
フレームなしで画像を表示できて、最前列に表示できる。これで透明度に対応してたら最高。


入力キーの表示


osdHotkey
http://www.romeosa.com/osdHotkey/help.html
入力したキーを表示。デザインはiniファイルから変更できる。

まじかるキーボード
http://www.pluto.dti.ne.jp/~araki/soft/
本来タイピング練習用のソフトだけど、キー表示にも。表示されるキーボードは自由に変更できる。


文章スライド


高橋メソッドプレイヤー ベーシック
http://www.rubycolor.org/takahashi/
ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se383828.html
文字オンリーのプレゼンスライド。テキストファイルに書き込んだ文を順々に表示させる。

てろてろテロップ
http://www.vector.co.jp/soft/win31/util/se029043.html
テロップを表示する。これに合わせてキャプチャを進めるってなると難しいと思うけど、使いようによってはお役立ちツールになる・・・・かも。


ウィンドウ操作


なんでもすけ
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se399376.html
任意のウィンドウを半透明にしたり、前面表示にしたりできる。


動画変換


mv2avi
http://hp.vector.co.jp/authors/VA016505/mv2avi.html
メニュは「開く」「設定」「保存」の3っつだけなので、すごく使いやすい。コーディックをかけるためだけのツール。サイズ等を変えるとかなり崩れます。

AviUtl
http://ruriruri.zone.ne.jp/aviutl/
定番の動画に各種フィルタをかけるツール。ちょっとした加工を加えたい場合はこちら。

動画加工


UniteMovie
http://red.sakura.ne.jp/~anonymouse/
ドラッグ&ドロップで簡単に複数のAVIを結合。

SEffect
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/7962/
ムービーに色々な効果を付加。再生速度変更等。


コーディック


XviD
http://www.xvid.org/
大抵の動画共有サイトが対応していて、高圧縮でかつ高画質を保てるので、動画を保存するときには、これを使っています。僕の環境で圧縮速度が大体リアルタイムと同じくらいなので、圧縮ついでに動画のチェックもできるところがお気に入り。
 再加工する可能性があるなら、可逆圧縮コーディックを使ったほうがいいかも。


統合型


Wink
http://www.debugmode.com/wink/
キャプチャに説明等の加工をして、Flash形式で保存できる。今回の趣旨とは違うのだけど、いいソフトなので記載。


動画共有サイト


eyeVio
http://eyevio.jp/
現在知っている国内のサービスの中で十分な画質で表示サイズが大きい。HD Proで1280x720の画像を配信できる。

いまやYouTubeでもフルスクリーンの動画をあげれるようになっちゃって・・・、いいね。

簡易アニメ制作 Pencil

アニメ制作ソフト Pencil
きゃぷちゃ
http://www.les-stooges.org/pascal/pencil/

オープンソースのフルカラーアニメーション制作ソフト。

じつは以前落としたことがあるのですが、そのときは僕の環境(WinXP)では不安定すぎて使えなかったんですが、レタリングの合間中、ホントたまたまPencilのサイトに行き着いて、昨日最新版がリリースされていたようなので、使ってみたら、大分安定してました。

オープンソースに珍しく(?)、癖がなくてとっつきやすい感じです。あまり機能がないせいかもしれませんが。キーフレームの概念がわかっていれば、戸惑うことなく使えるんじゃないかと思います。

こんなんできました^^;(これはひどい


http://blog-imgs-24.fc2.com/t/i/m/timiditybraver/up_20080224044934.swf

直接SWFでエクスポートしたもんです。

ん~、描く機能が十分とは言えないので、本格的にとなると難しいんでしょうが、動き入りの絵コンテくらいに使うと良いんじゃないでしょうかね。うまい人は筆を選ばないので、すごいのも作ろうと思えば、可能だと思いますけど。ペンダブにも対応していて、それなりに描きやすいです。

レイヤーの種類はBitmapレイヤー、ベクタレイヤー、カメラレイヤー、サウンドレイヤーとありますが、ベクタレイヤーでもモーフィングが出来るわけではなさそうです。
 出力は動画でmov,swf、連番でjpg,pngでした。movの出力はなんか失敗したんですが、α値を含んだPNGの連番出力できるんで問題はないかな。

まだメジャーじゃないのか、Pencilという検索ワードのせいか、日本語のチュートリアル等は発見できませんでしたが、まぁ、シンプルで必要とも思いませんので、いっか。


好きなインターフェースですので、何かと期待してます^^。何に使うかって? いや・・・それは・・・。

キャプチャ

http://eyevio.jp/movie/96047



ちなみにベクタで作りたいなら
Synfig
http://www.synfig.com/
というソフトもあります。こちらはまだ理解してません^^。このGimpのようにウィンドウが何個も出てくるタイプはどうも好きになれないんですよね・・。
 というかFlashでいいのではないか?と言われると、う~ん。フリーで描きながら出来るものは知らないので、ムービーしか作る気がないのであればこっちがいいのかも。


PSDファイルでやるなら
http://animestudio.jp/
使ったことないですが。

ngPlantで木を作成

ちょっとだけ、ちょっとだけ・・


そろそろ背景も作れるようになってないかんなぁと思っていたときに見つけたソフト。元々、ブレンダーのプラグインだったものをスタンドアロンにしたらしい。OBJで出力します。

ngPlant
http://ngplant.sourceforge.net/

とりあえず、なんの参考もなしにでたらめにいじってみました。

http://eyevio.jp/movie/92157
ほとんどのパラメータをよくわかってません^^。


うほっ、操作がわかってないのもあって即採用ってものは出来ませんが、一から木を作っていくよりかは幾分楽そうですな~。ブレンダープラグイン派生だけあってか、なんか操作がとっつきやすいですし。OBJの出力も問題なーい。
無題

葉っぱはテクスチャを貼れるはずですし、OBJで取り込むこともできるのでよいとして、二股の幹や枝とかは作れないんだろうか(Branchのつけ方次第で作れそうだけど)?それがあるとずいぶん違う気がするんだけどな~。ともあれ、うれしいソフトです。

追:
サンプルデータ
http://povrayscrapbook.awardspace.com/

こんなのも
http://arbaro.sourceforge.net/

DebugMode WAX

がいい感じです。これはビデオ制作をする動画編集ソフトです。動作は軽いし、一部にこれをするとバグるってとこもありますが、安定してます(WinXP)。

20071101163459.jpg
http://www.debugmode.com/wax/

特徴はやはりエフェクトの多さでしょうか。追加で増やせる上に、WindowsムービーメーカーやAdobe Premiereのプラグインも取り込めるし、軽く500以上あります。こんなに使わんでしょうが。
以下からエフェクトのプリセットがダウンロードできるみたいです。
http://users.otenet.gr/~vassias/

日本語化は、このソフトを日本語化して欲しい!!スレでパッチを制作されてるみたいです。やってみるかっでやっちゃうんだからすごいなぁ。
http://s-io.mydns.jp/up/1/_/jump/1191079665.zip/attatch

ただムービー内で表示させるテキストを日本語ではできないようです。画像に直すしかないですかね。

上のもので日本語化するとGrobalSettingsがロードできんぜよ、とか出てきたのですが、不都合が出てくるまで無視ですな。バックアップも自動でやってくれるので、いざとなったら戻せばよし。
 ですが僕は、日本語化のせいかはわかりませんが、レタリング時終了後ダイアログを閉じるにチェックを入れると音声が乱れたりしたので、不都合は少ない方がいいかと思って、英語に戻して使ってます。

プラグインで3Dモデルの取り込みやら、パーティクルやらといったこともできます。以下がはじめからあったサンプルです。(クリックで再生)
モデルの取り込み

パーティクル







最初に困ったのが、音声が再生されないこと。WAVファイルを取り込んでレイヤに乗っけても、再生されない。なぜ?

どうもキャッシュされたデータしか読み取らないようです。
20071101180403.jpg
タイムライン上の青いのがキャッシュされている部分ってことだとおもいます。この量は
Edit→Preferences→Dynamic RAM &Preview max
で決めます。デフォルトはやけに少ないので、できるなら全体が丸々キャッシュできるくらい増やした方が良いと思います。
 その後2回くらいプレビューさせた後、音声の始まるくらいの所から再生させたら音がなりました。途切れ途切れになるときは自分でタイムライン上をグイグイドラッグしてキャッシュさせれば改善されると思います。ちょっと面倒ですけどね。

まだちょっとしか触ってないんですが、癖がなくて使いやすいソフトです。個人的には後、無劣化、非圧縮で出力できたらいいなっと思うんですが。

Terranimを試してみた



最初にやったやつが遅かったんで、速くしたんですがこれじゃあ、速すぎだ・・。
一応、DETAILは最大。画像を大きくしたらわかりませんが、十分ですかね。細かい設定の仕方はわからないんですが。
参考:http://www001.upp.so-net.ne.jp/terra-plus/terragen/

あと「ブラーブラー」という模擬的なモーションブラーをかけるソフトも使ってみました。
http://www.mg6.jp/

おお、まさしくモーションブラー。
設定が不十分でなんか異空間に突入しそうな感じですが、ちゃんとできるもんですね~。

レビュー お絵かきフリーソフト

パソコンで一から絵を描く事を前提としたフリーソフトのレビューです。基本、タブレットです。
手当たり次第に当たりたい人は、お絵かきWikiとか窓の杜とかVectorとか
あと、http://fpaint.web.fc2.com/index.htmlとか


すいません、僕はお絵かきソフトをなめてました。ツールをなめていました。
 同じ一つの鉛筆を使っても、描く人によってその上手さはまさにピンキリ。絵というのはそういうもので、どんなにいい絵の具を使っても、自分が上手くなければ上手い絵は描けない。パソコンでもそれは同じだと。それは間違って無いと思います。

どんな高価なソフトを使ってもヘタなら無意味。裏を返せば、フリーソフトでも自分次第ですごい絵は描ける。要は慣れ。ある程度高機能なツールに慣れればいいのだ。ツールにこだわるのは、一分一秒の作業効率を争うプロだけで十分だ。

とまぁ、そんな感じで、フリーでええやん、わざわざシェアウェアになると分かっているものに手ぇだすことないやん、と思ってペイントツールSAIのテスト版を軽くスルーしてきたわけですが、今日使ってみて思い知りました。ツールでこんなにも違うのかと。

それで色々試してみたくなったわけですよ。

SAI

http://systemax.jp/sai/
本来シェアウェアですが、製品化前のテスト版としてフリーで使用できます。今回これを使い、びっくらこいて、こんな事かいてるわけです。絵師に大人気なわけが初めて分かりました。

僕のペンダブってこんなに感度があったのかって感じでした。ペンタブの有効性を感じたのは今日が初めてであります。部分選択がしやすくて、マスクをこんなにすんなり使えたのも初めてです。これがシェアのクオリティか。
追記:08/2/25製品化しました。

PIXIA

http://www.pixia.jp/
個人的に完全フリーでメインにするならこれだなっと思う国産の愛用者の多いペイントツール。といっても、僕はこの見た目と操作感がどうにも好みでないので、敬遠しがちなのですが・・ヲイ。何がこれだなっだ。
 補助設定からタブレットの設定を行わないとタブレットの意味ない。手振れ補正もあって、描き心地は悪くないです。慣れるまでの問題だと思います。

Artweaver

http://www.artweaver.de/
Painterにそっくりらしいドイツ産ペイントツール。Painterそっくりってことは、僕にとってこれがPainterになるわけで。今の今まで自分のメインツールにしようと思ってきましたが、どうにも定着しなかったArtweaver。たぶんタブレットには対応しているが、筆圧による変化がカクカクになってしまうからだと思います。特に太さ。(今までタブレットせいだと思ってた)
追:バージョンアップで少し改善されました。

ブラシの多さには脱帽です。逆に使いどころが難しいですが・・。今だどれ使うか迷う。

日本語ファイル-http://www.geocities.jp/kimoi_artweaver/

GIMP

http://www.gimp.org/
言わずと知れたグラフィックツール。どちらかと言えば画像加工などが得意分野ですが、ペイントツールとして使えないことも。筆圧の感度はそこそこいいんですが、ブラシサイズが変えられないのが痛い。2.4でブラシサイズ変更可能になりました。

ウィンドウがたくさん出るのが嫌な方はGimpShopを使うと良いかも。ペンタブの手ブレ補正機能を追加するG-penと言うパッチもあります。



わんぱくペイント

書き味ならSAIにも負けないと感じるペイントツール。openCanvasの前世です。既に開発は終了していて、HPも既にGONE。タブレット専用でタブレットでしか描けませんが、事細かに設定できます。レイヤもあり、描く分の機能は揃ってますが、特殊機能は一切ありません。
 作業領域をいっぱいに使うらしく、画像を開くと常にCPUが100%になっており、若干おそろしい(重いわけではない)。BMPファイルの取り込みができますが、大きすぎるファイルを開くと画像が崩れます。JPGで出力可能ですがBMPはなさそうなのが残念。

ダウンロード-http://web.archive.org/web/20020530155011/http://wpaint.ysnet.org/

openCanvas

http://www.portalgraphics.net/ja/
で、わんぱく君の来世。2.0からはシェア化したらしいので、1.0はないかなぁっと探すと1.1 b71なら色んなとこに転がっていました。探せばもっとバージョンあるかも。

後継者だけあって、書き味は引き継いでいます。ベータバージョンですが、軽く使った感じでは安定してるっぽいです。CPU100%にならないし、BMP出力もできるし、わざわざわんぱくペイント使う必要もなさそうですね^^。

ダウンロード
http://mitglied.lycos.de/knyayane/opencanvas.htm
ここもhttp://christessmer.com/sketches/oc/oC11b71.exe
http://christessmer.com/sketches/oC11b71.exe

ArtRage 2 Free

http://content.e-frontier.co.jp/artrage/ar2product.html
一風変わって、Wacomのタブレットに付属している「水彩Lite」のような画材ソフト。無料版はレイヤーが使えない等の制限がありますが、元々ホントの絵のように色を混ぜながら描く趣向のソフトですから気にせずガシガシ描けばよし。1.0バージョンではエアブラシが使えるらしい。


----------------------------------------
ちょっと

PictBear - 操作感覚としては使い易いけど、僕が使うと良く落ちたので・・・。
Paint.NET - マイクロソフトの支援の下開発。タブレット非対応だけどこれのレベルや曲線調整は何かと面白い。ペイントでなくレタッチ系。
SUPER KiD FE - 一通りの機能の揃ったお絵描きソフト。2000,NT,XPでは使えないと言う過去の遺産だけども古いPCに入っているので書きました^^。

----------------------------------------
おまけリンク
絵を上手くする50の方法

リッチテキスト系エディタのフリーソフト

レポート課題多すぎですよ。っと文句を言いつつ、文章作成に重宝するフリーソフトの紹介。

文章作成といえばワープロソフトですが、軽さがないので個人的にあまり好きじゃありません(といってもWordと一太郎しか使った事ないんですが^^;)。そこで探し出したリッチテキスト形式のフリーソフト。つまりはワードパットみたいなの。というかワードパットでいいんですけど、あれ、なぜか字数表示とか、字数制限がないんですよね。

てきっち

http://www.geocities.jp/pon_nebula/
とってもシンプルで軽快。それでいて結構機能もそろってます。とにかくシンプルって人にはもってこい。
 個人的に、常に最前に表示の機能があるのが好きです。これにタブと印刷プレビューとリッチテキストファイルからHTMLファイルにエクスポートできたら僕の中で最強(HTMLファイルに出力はできるけど、タグはつかない)

CK Editor

http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se340531.html
ワードパットより違った感じに機能的。何よりタブがある。ただ行間が若干狭いのが気になります。というか、なんでワードパットもてきっちも行間を設定する事ができないのか。リッチテキストファイルにそういう設定はないのかな?更にこれ、「設定」がなぜか選択出来ないのが気になる。木になる。

たぐメモ

http://www.geocities.jp/is3000nx/soft/junk/#tgm
これはちょっとタイプが違って、複合型メモ帳です。複数のテキスト、リッチテキスト、CVSデータが一括管理できるソフトです。タグもつけられるし多くのファイルを扱う時は重宝しそう。実際重宝してます。上記になかった行間や左右の余白も設定できて気持ちいい。ヘルプの「使い方」には惚れる^^。

NanaTree

http://www1.cncm.ne.jp/~ogawate/software/nanatree/nanatree.html
リッチテキストというか、ツリー型メモ帳というか、アウトプロセッサというか、画像や表なども挿入可能で、むしろ簡易ワープロ的なソフト。こ・・・、これだ!っと思いました。印刷プレビューもありますし、レポート作成にはなかなか良いのではないでしょうか。


(見つけ次第追加予定。あと、この辺の文章は追加次第で変更したりします^^;)


追記:
レポート制作といえば、アウトラインプロセッサっという選択肢もあるわけですよ。というか、そのためのものですし。アウトラインプロセッサ?使えばわかる。もはや面倒なのでこの辺ごーw
http://ringonoki.net/tool/outline/1-outline.php



おまけ。

リッチテキスト(RTF)からHTMLへ変換

ブログの記事なんかもこれらで書ければ楽かなぁっと思ったので。

rtf2html

http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/namazu/windows/rtf2html/index.htm
たくさんありそうで、意外になかった。見つけたのこれくらい。HTMLで出力できるリッチテキストエディタも見当たらず。検索の仕方が悪いだけかも知れませんが。

上記のプログラムは、主流のウィンドウ型じゃありません。

※追記:コメント欄にもっと楽に出来る方法があります。トリさん、ありがとうございます

使い方は(WinXPの場合)「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を起動。または「ファイル名を指定して起動」で「cmd」と入力。

C:\Documents and Settings\Owner>

こんな感じのことが書いてあると思うので(たぶん人によって違う)その後に、

C:\Documents and Settings\Owner> C:\(プログラムまでのパス)\rtf2html.exe C:\(変換したいファイルまでのパス)\○○.rtf

と入力。右クリックから貼り付けできるので、使った方が無難です。ファイルのパスはファイルのプロパティからコピーできます。
その後、Enterを押すと、その下にリッチテキストファイルから変換されたHTMLが表示されます。

右クリックから範囲指定。その後、Enterを押すとクリップボードにコピーされますから、テキストエディタにでも貼り付けます。


正直メンドクサイ。せめて普通にHTMLファイルで出力してくれ~。そしたらバッチファイル作るだけで楽なのに~。

追記:できます。トリさんに教えていただきました。
ちなみにバッチファイルでやるなら、プログラムのあるフォルダにaaa.bat(てきとー)を作って、メモ帳で編集

rtf2html.exe in.rtf > out.html

と書いて保存。パスは相対パスで大丈夫(たぶん)。その後、実行すればout.htmlができるはず。ただコメント欄の方法のほうが楽だと思います。いや~、これだけ手間が違うとは~。無知って怖いね^^



てか、alphaEDITなどのWYSIWYGなHTMLエディタ使った方が楽。それどころか、普通にテキストだけコピペして手動で装飾した方が楽かもしれないという。

このブログについて
□ ブログ内容
決まった趣旨はありません。
興味を持ったこと・日常で行ったことを何でも書きます。

3DCG・プログラミングなどが多めです。

□ 現在の活動
・ウェブサイト制作
 (http://tiblab.net)
・3Dゲーム制作
 (コックパニック)
検索フォーム
ユーザータグ

Blender キャプチャ blendファイル BGE Python GameEngine ムービー Android CG  Red5 Terragen C# C++ 

カテゴリー
プロフィール

TiBra

Author:TiBra
趣味でCG制作、プログラミング等を行っています。メイカーズに憧れています。

ネットを通じた交流を広げたく思っていますので、コメント・メールはお気軽にどぞー

戯言程度のことは、こちらのブログに投稿しています。基本戯言なので、実質移転しているようなものです。

Mail:tibraあっとlive.jp
HP:TibLabmemocode
動画:VimeoFC2動画ニコニコ
ファイル:SkyDrive
企画:3Dゲーム作業実況

Blogリンク
不都合がございましたらご連絡ください。
当ブログのリンクバナー
FC2 ID
FC2カウンター
RSSフィード+解析コード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。