ネットブックのメモリ交換

去年購入したネットブック(Acer Aspire One HAPPY2)、すごい便利で今や完全にメインPCとなってますが、さてメーカー保障期限も切れたことだし、ってことでメモリを1GBから2GBに増量(交換)しました。


機種も新しいものでもありませんし、同機種PCのメモリ交換についても、手順を詳細に載せているブログ記事が多く存在するため、交換手順は書きません。それでも記事にするのは、楽しい!っていう気持ちを伝えたいからです!(誰が受け取るというのかー・・)


購入したメモリはこちら。Transcend JetRam PC3-8500(DDR3-1066) 。
up1_20130227220323.jpg
とにもかくにも安さで選びました。1430円成。僕が始めてPCに触ったときくらいは、500MBで5000円くらいしたもんですが、安くなりましたなー。


さあ、交換の時。
up2_20130227220323.jpg

どーん
up5_20130227220322.jpg

キーボードを外す際は、隙間が非常に狭く、カッターナイフを突き刺して爪を外しました。裏蓋も結構しならせないと爪が外れてくれません。出来るのはわかってても、そう簡単には外れてくれないので、ひやひやです(楽しい)

しゃきーん
up6_20130227220322.jpg


無事2GBになりました。
sc_20130227221528.jpg

さて使用感は、というと・・・、まぁ、そんな大きく変わりません。
元々ネットワーク系のサービスは大方停止させてメモリを食わせないようにしていますし、何個ともソフトを起動して作業するといったこともしませんからね。CPUが速くなるわけじゃなし。

とはいえ、70~90%使ってたメモリが30~50%になると、なんか安心します:D

ドメイン取得の下調べ

すべてを無料で ”タダの分、手間をかける”、というのを一つのスタンスとして今までやってきたのですが、今、無性に独自ドメインを取得したくなっています。

ホームページを頑張るっというのが、今年の目標でもあるので、モチベーション継続に効果があるかな、なんて思ったり。まぁ、大抵そういうのは 買って満足 で終わるものなんですが・・、えと、もう大人だし・・・、そういうのも、いいよね?


ということで、独自ドメイン取得について下調べしたことについて書こうと思います。めもめも。

続きを読む

WindowsXPとUbuntuのデュアルブート作業ログ

次のネタは、ネットブック(Aser aspire one happy2)を買ったときの初期不良のチェックのまとめっと思っていたのに、もう2ヶ月半も過ぎて、何をしたか忘れました。。。今のところ問題なく動いてくれてます。いやー便利。

Windows7でメモリ1GBで快適だろうかと心配していましたが、ブラウザとWindows Office(2003)を使う分には問題なし。作業中、たまに使用メモリをチェックすると、大体700MBくらいになっています(使わないサービスは大分無効にしてこれですが)。ちなみに、アンチウィルスソフトにはAvira先生、あとのセキュリティはWin7標準のです。



それはそうと、今まで手元に無かったノートPC(富士通 FMV-BIBLO NB50R)を持ち帰りました。たまーに、何となーく、サーバほしいなーっと思うときがあって、そのためにUbuntu(11.10)をインストールして、WindowsXPとUbuntuのデュアルブートにしました。

この手の作業は経験があるので、楽勝だろうと思いきや、結構苦労しました。以下はその作業ログです。

続きを読む

ネットブックを買いました

今更ですがー、あけましておめでとうございます。
今年の初買いはネットブックでした。

Aser Aspire One Happy2。初売りセールで、いちきゅっぱ。

僕は未だネットショップ買いは怖いので、多少の割高でも販売店で買うほうですが、価格に負け、ネットで買いました。
ネットブックは小さい本体に機能を詰め込み、しかも低価格に仕上げないといけないので、不具合が多発するハズレ品を引く確立が高いということで、購入には覚悟が要りました。今もビクビクしているんですが^^;


しかもAserというメーカー、世界的にはシェアも高い台湾のメーカーですが、故障率も高めで(確かな情報ではないが)、購入後のサポートも最低ランクとのこと。
某掲示板ではサポートセンターの酷い状況を内部の人が曝し、怒りに震えてた購入者を同情させた一幕もありました。

実はこれを知ったのは、決済の後。コストパフォーマンスはすばらしいがリスクが高い。それがわかってもギャンブルがしたいわけじゃないんです。さてはて、どうすれば。

以下、チラシの裏


続きを読む

キャプチャー動画アップロードメモ

ソフト(Blender)の作業キャプチャー動画をアップロードする際の動画サイズ・エンコード等のメモ。
もう当分はアップする事もないだろうので。

続きを読む

はじめての3Dゲーム制作 開発環境選び

ふとドキュメント的なものが書きたくなりましたので、3Dゲーム作成の入門のための入門について書きました。
実際に3Dゲームを作った事のない人の戯れ言です。せいぜい対象は、「プログラムすらまともにやったことないけど、ふと3Dゲームが作ってみたいっと突発的に思った人」くらいですね:D

想定として、個人開発、フリーで配布、PC(Windows)ゲーム、としてます。

続きを読む

らいぶえんこーだ

Flash Media Live Encoderを使うともっときれいに配信できまっせ!ってことらしいので、そいつを使ってRed5で配信トライ。

クライアントPC:
CPU:Intel Core2Due E6550 2.33GHz
メモリ:3GB
OS:WindowsXP
ソフト:SCFH DSF 0.4.1、Adobe Flash Media Live Encoder 3

サーバPC:
CPU:Intel Pentium4 3.0GHz,3.1GHz (x2)
メモリ:1.5GB
OS:WindowsXP
ソフト:Red5 0.9.0

グラボGeForce6800をカードに、Pen4の2枚刺しのPCに取替えっこしました^^


VP6、H.264とそれぞれでお試し。1280x960のキャプチャを640x480に縮小, 15fps, BitRate200Kbps。音声はMP3ステレオ, SampleRate11025Hz, BitRate24Kbps。
縮小はSCFH DSFにやらすより、Encoderにやらせたほうが軽いかな。



ほほう。これはなかなか、素晴らしい。

あまり画質をあげないならVP6の方が速度的に良いとされるらしい。僕の環境で抱いた印象としては、
VP6では遅れは少ないけどフレームスキップしやすく、H.264は遅れは大きくなるけどフレームスキップしにくい。
遅れは3秒程度生じるけど、手順がスキップされないという点でソフト操作の動画などはH.264のほうが良いなっと思いました。設定次第だと思いますけど。
このブログについて
□ ブログ内容
決まった趣旨はありません。
興味を持ったこと・日常で行ったことを何でも書きます。

3DCG・プログラミングなどが多めです。

□ 現在の活動
・ウェブサイト制作
 (http://tiblab.net)
・3Dゲーム制作
 (コックパニック)
検索フォーム
ユーザータグ

Blender キャプチャ blendファイル BGE Python GameEngine ムービー Android CG  Red5 Terragen C# C++ 

カテゴリー
プロフィール

TiBra

Author:TiBra
趣味でCG制作、プログラミング等を行っています。メイカーズに憧れています。

ネットを通じた交流を広げたく思っていますので、コメント・メールはお気軽にどぞー

戯言程度のことは、こちらのブログに投稿しています。基本戯言なので、実質移転しているようなものです。

Mail:tibraあっとlive.jp
HP:TibLabmemocode
動画:VimeoFC2動画ニコニコ
ファイル:SkyDrive
企画:3Dゲーム作業実況

Blogリンク
不都合がございましたらご連絡ください。
当ブログのリンクバナー
FC2 ID
FC2カウンター
RSSフィード+解析コード