3DCGを作ってみる。フリーソフト

ちょこちょこ、たくさんあるフリーソフトの中から落とした3DCGのフリーソフトをほんのちょっとずつ試してます。ほんと取っ掛かりの印象から。果たして読む意味があるのかどうか。
付けたし:フリーソフトを探す前の3DCGの基礎知識
      初心者にお勧めする入門法

CGA入門キット DOGA-L1

DOGA-L2,DOGA-L3まであり、これらはシェアウェア。でも確か2000円くらいの格安料金(ウソかも)。下記の公式ホームページには殿堂入りギャラリー集があるので見てると、すげぇなぁっ思います(ほとんどL3だけどー)。L1しか触ってませんがどうやらこのシリーズは全般的に操作が簡単(L1簡単でしたー)で、小学生でもできるというほど。
 現在、教員などからの利用したいと言う声が集まり、教育機関向けのDOGA-Eシリーズ(無償)が出てます。もう学校で3Dを習う時代?

ダウンロード等はコチラから
http://doga.jp/

メタセコイアLE

これはムービーや背景までやってしまうものではありませんが、3Dポリゴンのモデリング・・・、モデリング?。いや、まあ、物を描くものです。こちらを見ればどんなものかわかるかと。国産で使い易いのでユーザーも多く、人気があるソフトです。
http://blogs.yahoo.co.jp/mn6x847w
作ったキャラクターにポーズを取らしたり、アクションさせたりするには、MikotoやRokDeBone2等の別のフリーソフトを使います。

ダウンロード等はこちらから
http://www.metaseq.net/

六角大王

これもポリゴンのモデリングを行うソフトです。初版のsuperだけフリーソフトとして配布されています。個人的には、直感的に作れてかなりとっつきやすく使い易かったです。ユーザーはたくさんいて、サイトは結構たくさんあるので、作品なんかを見てみてください。モリモリのポリゴンがたくさんあります。
 ただ、結構エラーが出て強制終了なんて事態が起きます(僕だけ?)。こまめに保存した方がよろしいかと。僕の最初の作品はあとわずかというところで物の見事に消滅しました(T^T)

ダウンロードはこちらから
http://www.shusaku.co.jp/www/

Terragen

キレイな3D景色を簡単に描けるフリーソフトです。えー、とりあえず英語です。日本語パッチが公開されていたのですが、なんかサイトが消滅しているみたいで^^;。どこで手に入るのかな。(追:あったことはありましたが、あんまり日本語になってないところが多いので、しなくても一緒かと^^;)
でも、丁寧な説明をしてくれるサイトがあるので大丈夫。英語が読めたらなぁっと思うときはありますがw。
 ちなみに試しにちょこちょこいじっているだけでこんなんできました。
first1.jpg

もちろん、使い方を理解すればもっと凄いのもバリバリ描けるソフトです。
 さらにTerragen 2という新バージョンもリリースされています。コチラもフリー。オブジェクト(木とか岩とか)を描けるようになり、超凄くなった。やばすぎる。ギャラリーを見るとこれ本物なんちゃう?っと思ってしまうようなカッコよさ。早速ダウンロードしてみましたが、英語で難解すぎてさっぱりわからん^^;。さらに重たい。日本語パッチ・・、いや、せめてチュートリアルの日本語訳がないと~。
最近(07/9)再び触り始めましたが・・、あれ?そんなにとっつきにくくないぞ?やはり知識量の問題か・・・。

ダウンロードはこちらから
http://www.planetside.co.uk/terragen/

初心者チュートリアル
http://www7a.biglobe.ne.jp/~cgw_mk/

Bryce5

背景用の3Dソフトです。フリー版が出てました。が、フリー版には英語しかありません^^;。でも、詳しいチュートリアル(説明)が書かれたサイトがいくつかあるので、大助かり。Terragenとの比較で言えばオブジェクトの編集ができるので作ってる感があります(木を一本一本植えてみたり)。地形も自分でかけますし。
残念なのはフリー版ということでオブジェクトのサンプル(木の種類とか岩の種類とか地表とか)がなくなっていること。残念~。
 なんか期間限定って他の記事で書いてあったのですが、普通にダウンロードできました。今からでも出来るような。ただし、使うにはユーザー登録が必要です。
追:期間無制限で無償となりました。ただ、さっきも言ったようにオブジェクトのサンプルがなくなっているところと(最低限のものはダウンロードできます)、地形のテクスチャがないところが痛い。それを手に入れるには別途有料で落とします。期間無制限の体験版って感じだ。

ダウンロードは・・・・どこだっけ・・・?

Blender

フリーなのに信じられないほど高機能。かなり本格派。これ一つで、モデリングからムービーまで。3Dゲーム制作も可能。元々、どこかの会社の商品だったもので、会社の倒産後、これまたどっかの非営利団体が買い取ったらしい。オープンソースなので世界のすごい人がわっせわっせと拡張機能を作ってます。
同然英語なわけですけど、メニュー部分だけなら日本語に出来ます。それにチュートリアルサイトもあるし。

 高機能な分、動作はかなり重たい。
パソコンの性能かな起動後10分もするとCPU100%キープ。僕のパソコンは頑張れるだろうか・・。もう一つパソコンがほしい。
(追:PCの環境〔僕みたいな〕で異常に重たくなるときがあるけど、普通はそんな事ないらしい。スイスイ動くって聞くし。)
(更に追:ATI社のグラフィックボートとの相性の問題でした。解決法はコチラ

ダウンロードはこちらから
http://www.blender.org

初心者チュートリアル
http://wbs.nsf.tc/




フリーソフトを探す前の3DCGの基礎知識

3DCGをやってみようとするとき、ソフトを探すにも分けが分からなくなるときがあります。そんな時分かり易くする基礎知識。(自分も初心者だから間違いがあるかも

 3DCGは非常にたくさんのソフトがある上に、多くの作業を必要とするために、一つの作業を特化させたソフトが多いので一口に3DCGソフトといっても物が全然違ったりします。しかも専門用語なので分け分からんってことにもなります。

作業の流れはこんな感じ。

  物(形)を作る。
   ↓
  質感(色)をつける。
   ↓
  ポーズを取らせたり、動かせる。
   ↓
  背景を入れたり、物を配置する。
   ↓
  静止画、動画にする。

これを3D用語で言うと

  モデリング
   ↓
  マッピング、マテリアル設定
   ↓
  モーション付け
   ↓
  シーン設定、ライティング
   ↓
  レンダリング

となります。多少人により流れは異なります。
各工程の作業を行うソフトを

 全ての作業が出来る ⇒ 統合型
 モデリング ⇒ モデラー
 マッピング ⇒ 基本はモデラー(だと思う)
 モーション ⇒ モーションビルダー(呼び方曖昧)
 シーン設定 ⇒ モーションビルダー?(よくわかりません)
 レンダリング ⇒ レンダラー

と呼びます、はずです。
つまるところ統合型以外で作品を作ろうとすると最低、モデラー、モーションビルダー、レンダラの3つのソフトがいるわけです。よって、このモデラーで作ったものがモーションビルダーで取り込めるかどうかなども知る必要があるってわけです。

基本的にフリーソフトというのは特定の機能、対象を持ったものが多いので、フリーで行おうと思ったら複数のソフトを使って作業するというのが普通です。特にモデラーとレンダラーはめちゃくちゃあるんで、好みに合ったものを使います。

しかし、オープンソースものなど、ときには違う場合があります。Blenderなんかはほとんどの事がこれ一本でできます。技術者の興味はすごい。
追:リアルタイム系のTOYSTERなどもすごいですし、他にも3D Canvasなど無償でも本格派のソフトは意外にあります。元595ドルするtrueSpaceも無償になったしね。

さらにモデリングは地味に時間のかかる作業ですので、何を作るかで特化したソフトがあります。
 背景を簡単に作るTerragenやBryceなどの背景ソフトや人を簡単に作るMakeHuman、植物を簡単に作るPlantStadioなどがそうです。建造物やインテリアに特化したものもあります。

パッケージのイラストみたいなのが作りたいのか、アクションのワンシーンみたいな静止画いいのか、アニメーションがいいのか、3Dゲームが作りたいのか、で使用するツールも変わってくると思います。自分がやりたい事を踏まえて自分のお気に入りを決めてください。レッツ3DCG!

初心者にお勧めする入門法

3DCGはまったくの無知からでももちろん出来ますが、結構覚える手順や用語がたくさんあります。
 夢をでっかく持つのはいい事ですが、しっかり手順を踏んで一歩ずつステップアップしていかないと挫折し易いです。僕みたいな人は。ゆっくりマターリ行きましょう。

ステップ1

まず初めにDOGA-L1を触る事をお勧めします。非常に簡単に3DCGの作る手順を実践する事ができます。ヘルプを見るだけで多分簡単なアニメーションが作れるんじゃないでしょうか?

ステップ2

次に自分で一からポリゴンを作ってみたくなるはず^^。初めてのモデラーには六角大王をお勧めします。直感的な操作で出来るので、あとは根気との勝負。簡単なものから作ってたのしみましょう。
 似たようなソフトに3DAceがあります。こっちの方が機能的かも。

ステップ3

次に違ったモデラーに触れてみます。メタセコイアをやってみましょう。こちらは六角大王とはちょいと作り方が違います。多分ですが、こちらの作り方のほうが3DCGでは一般的じゃないのかなぁ。
 最初は若干とっつきにくいかなっと思ったので、3Dの楽しさを知ってからって事でステップ3に。

 同等のものにRios、より高機能を求めるなら、MarbleCLAYやwing3D(英語)とかありますが、いきなりはかなり無謀だと思います。

ステップ4

物なら配置してレタリング。キャラクターならモーションづけ。どっちにしろ、ここまでくると次のステップに行きたくてたまらないはず。
 ここからのステップは色々分岐しているので一概に書けませんが、ここまで来れたという事は3DCGをやる上で必要な根気とやる気は十分なので、この先も大丈夫。ふぁいと^^

ちなみにモーション付けにはMikotoやRokDeBone2などを使います。あるいはBlender等の統合型のソフトに取り込む方法もあります。
動きをつける必要のない場合は、DOGA-L1に持っていって出力するのがお手軽なんじゃないかと思います。

番外ステップ

全ての作業をBlenderで。Blenderはオールインワンなソフトですのでほぼ全ての作業をこれだけで行えますが、その分3DCGを作る上での制作手順を把握しておかないと、何がなんだかわかりません。
 ある程度の知識を得た後なら、わりとすんなり使えるようになるんじゃないかなぁっと思います。

手っ取り早く習得するには本を買うのが一番です。情報はネットからでも得られますが、実践するとなると、ディスプレイを通してみるのと、印刷された紙を手でめくっていくのでは、やっぱり習得速度が違います。
 習得にかかる分の時間を買うって感じですね。フリーソフトの本を買うってのが僕としても抵抗がありましたが(結局お金使うんかい!ってとこが)、Blenderに関してはその価値はあるんじゃないかと。
 3DCG全般に関わる知識も習得できるので、CG本を一つ買うと思えば!


 お勧めは「ブレンダービギナーズバイブル」。4000円位するので、躊躇はあるかと思いますが、まさにバイブル。今や僕のは擦り切れ状態でところどころテープで止めている程に活用されてます。
 使用バージョンが古いのが気になりますが、ビギナーには問題なし。開発速度が異常に速いBlenderでは仕方ないのかも。

追記:この情報ももはや古いです。新しい書籍いくらかが出ているのでそっちの方がいいかも。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

六角

無償配布されているのは「六角大王」です。
「六角大王Super」とは別物

遅れてすみません。ほんとですねorz
直しときます。ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チュートリアル

チュートリアルチュートリアル(''Tutorial'')は少数の生徒に教師が集中的に教える事、あるいは家庭教師による一対一の教育を意味する。教育用の書籍やビデオなどの各種メディア、あるいはその入門部分をチュートリアルという場合もある。さらにその派生
このブログについて
□ ブログ内容
決まった趣旨はありません。
興味を持ったこと・日常で行ったことを何でも書きます。

3DCG・プログラミングなどが多めです。

□ 現在の活動
・ウェブサイト制作
 (http://tiblab.net)
・3Dゲーム制作
 (コックパニック)
検索フォーム
ユーザータグ

Blender キャプチャ blendファイル BGE Python GameEngine ムービー Android CG  Red5 Terragen C# C++ 

カテゴリー
プロフィール

TiBra

Author:TiBra
趣味でCG制作、プログラミング等を行っています。メイカーズに憧れています。

ネットを通じた交流を広げたく思っていますので、コメント・メールはお気軽にどぞー

戯言程度のことは、こちらのブログに投稿しています。基本戯言なので、実質移転しているようなものです。

Mail:tibraあっとlive.jp
HP:TibLabmemocode
動画:VimeoFC2動画ニコニコ
ファイル:SkyDrive
企画:3Dゲーム作業実況

Blogリンク
不都合がございましたらご連絡ください。
当ブログのリンクバナー
FC2 ID
FC2カウンター
RSSフィード+解析コード