スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都道県別 高齢化率色分けマップ

大したことはしてませんが、こっちのブログも更新しておこー。

2013年の都道県別高齢化率のマップです。作成ツールを作りました。
up_201511081009304fa.png

都道府県別に色分けされたマップグラフ作成ウェブツール
http://webapps.tiblab.net/chart/japan-color-map/


え、久々の更新これですか?僕も思いましたね。えー、なんでしょうね。どういう経緯でしたっけ。なんか、家族養うってこんなに経済的にきついもんで、お金がないと小競り合いが多くなって、人間ってお金に支配されているんだな~って。

大体、なけなしの給料こんなに差し引かれるの?何使われてるの?社会保障費は約33%?その内、高齢者関係経費は約69%?子供は?子供にかけてるお金は?え、2%?へー、そうですか。。。まー国としてはあれですよね。少子化を深刻化させておいて、移民を受け入れに国民理解を高めて、国際社会への貢献度を上げようっと、そういうことですよね。へー、そうですか。

たしかそんな思考が、通勤電車に揺られる中で駆け巡り、払拭するためにプログラミングに打ち込んだ。そんな感じです。
アプリで一発当てたい!




第1節 高齢化の状況|平成26年版高齢社会白書(概要版) - 内閣府
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2014/gaiyou/s1_1.html

社会保障 財務省主計局
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia270427/01.pdf

読売新聞ONLINE 高齢化=負担増か? 「すりこみ」を疑おう!
http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/society_121009.html


PHPはスクリプトはリンク先からダウンロードできます。
最初、Pythonでも作ったでも作ったので公開。
1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
8:
9:
10:
11:
12:
13:
14:
15:
16:
17:
18:
19:
20:
21:
22:
23:
24:
25:
26:
27:
28:
29:
30:
31:
32:
33:
34:
35:
36:
37:
38:
39:
40:
41:
42:
43:
44:
45:
46:
47:
48:
49:
50:
51:
52:
53:
54:
55:
56:
57:
58:
59:
60:
61:
62:
63:
64:
65:
66:
67:
68:
69:
70:
71:
72:
73:
74:
75:
76:
77:
78:
79:
80:
81:
82:
83:
84:
85:
86:
87:
88:
89:
90:
91:
92:
93:
94:
95:
96:
97:
98:
99:
100:
101:
102:
103:
104:
105:
106:
107:
108:
109:
110:
111:
112:
113:
114:
115:
116:
117:
118:
# -*- coding: utf-8 -*-

import os
from PIL import Image, ImageDraw

im = Image.new('RGBA', (640, 420), (255, 255, 255, 1))
draw = ImageDraw.Draw(im)

line_color = (0, 0, 0, 1)

color = [0 for i in range(11)]
color[0] = (201,201,201,1)
color[1] = (56,168,0,1)
color[2] = (90,186,0,1)
color[3] = (132,213,0,1)
color[4] = (176,224,0,1)
color[5] = (228,245,0,1)
color[6] = (255,225,0,1)
color[7] = (255,170,0,1)
color[8] = (255,115,0,1)
color[9] = (255,55,0,1)
color[10] = (255,0,0,1)

legend = {}
legend['888'] = ''

data = [0 for i in range(48)]
data[1] = 0 #北海道
data[2] = 0 #青森
data[3] = 0 #岩手
data[4] = 0 #宮城
data[5] = 0 #秋田
data[6] = 0 #山形
data[7] = 0 #福島
data[8] = 0 #茨城
data[9] = 0 #栃木
data[10] = 0 #群馬
data[11] = 0 #埼玉
data[12] = 0 #千葉
data[13] = 0 #東京
data[14] = 0 #神奈川
data[15] = 0 #新潟
data[16] = 0 #富山
data[17] = 0 #石川
data[18] = 0 #福井
data[19] = 0 #山梨
data[20] = 0 #長野
data[21] = 0 #岐阜
data[22] = 0 #静岡
data[23] = 0 #愛知
data[24] = 0 #三重
data[25] = 0 #滋賀
data[26] = 0 #京都
data[27] = 0 #大阪
data[28] = 0 #兵庫
data[29] = 0 #奈良
data[30] = 0 #和歌山
data[31] = 0 #鳥取
data[32] = 0 #島根
data[33] = 0 #岡山
data[34] = 0 #広島
data[35] = 0 #山口
data[36] = 0 #徳島
data[37] = 0 #香川
data[38] = 0 #愛媛
data[39] = 0 #高知
data[40] = 0 #福岡
data[41] = 0 #佐賀
data[42] = 0 #長崎
data[43] = 0 #熊本
data[44] = 0 #大分
data[45] = 0 #宮崎
data[46] = 0 #鹿児島
data[47] = 0 #沖縄

#データ読み込み
if True:
f = open('data.txt')
lines = f.readlines()
f.close()
for i in range(47):
data[i+1] = int(lines[i].strip())

#地図作製
dirlist = os.listdir('jpn')
for fn in dirlist:
fp = 'jpn/' + fn
f = open(fp)
lines = f.read().split('\r')
f.close()

first = True
buff = []
ls = []
for line in lines:
try:
x,y = line.split('\t')
ls.append(int(x))
ls.append(int(y))
except:
continue

try:
c = color[data[int(fn)]]
except:
if fn == '48':
c = color[data[15]]
elif fn == '49':
c = color[data[28]]
else:
c = color[0]
if fn == '50':
draw.line(ls,fill=line_color)
else:
draw.polygon(ls, fill=c, outline=line_color)


im.show()

途中でやめたんで、凡例はなし。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
□ ブログ内容
決まった趣旨はありません。
興味を持ったこと・日常で行ったことを何でも書きます。

3DCG・プログラミングなどが多めです。

□ 現在の活動
・ウェブサイト制作
 (http://tiblab.net)
・3Dゲーム制作
 (コックパニック)
検索フォーム
ユーザータグ

Blender キャプチャ blendファイル BGE Python GameEngine ムービー Android CG  Red5 Terragen C# C++ 

カテゴリー
プロフィール

TiBra

Author:TiBra
趣味でCG制作、プログラミング等を行っています。メイカーズに憧れています。

ネットを通じた交流を広げたく思っていますので、コメント・メールはお気軽にどぞー

戯言程度のことは、こちらのブログに投稿しています。基本戯言なので、実質移転しているようなものです。

Mail:tibraあっとlive.jp
HP:TibLabmemocode
動画:VimeoFC2動画ニコニコ
ファイル:SkyDrive
企画:3Dゲーム作業実況

Blogリンク
不都合がございましたらご連絡ください。
当ブログのリンクバナー
FC2 ID
FC2カウンター
RSSフィード+解析コード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。