モニタを開く

以前モニタ(SAMSUNG SyncMaster 940n)が壊れてしまって、修理に出すより新品を買ったほうが安いという電気製品の悲しい性から捨てるしかないので、どうせなら自力修理に挑戦しようかなーっと思っていたんですが、まず第一どう開けるのか分らない。ビス穴がどこにもない・・。

そういうわけで放置しているんですが、年末恒例のハイエナ活動のときになんか動きそうなモニタを拾いました。MITSUBISHI Diamondcrysta RDT1710V。今回はそっちの話です。

最初は普通に動いて、やほーいだったんですが、10分くらい経つと画面が乱れ始めました。外枠をよーく見ると角にひびが入っていたので、落としたかなんかしたんでしょうかね。そう上手くはいかんかー。


となればやることは一つ。分解です。
ただのお遊びですが、まぁ予行練習っということで。


こちらは裏にビスが付いていたので、簡単に開けれると思っていたんですが、マイナスドライバ等でツメを無理やりはずことが必要で、何個か割りました。なるほど、最近のはビスじゃなくて、ツメで固定するのか。なんつー開けづらさ。

ともあれ、分解
up1_20101222214725.jpg


バックライトってこんなんなんかー
up2_20101222214726.jpgup3_20101222214726.jpg


液晶はずした状態だと画面がまぶしい
up5_20101222214727.jpgup4_20101222214726.jpg

これはこれで、ライトボックスなんかとして使えるんじゃないかっと思ったんですが(使わないけど)、いかんせん、画面の入力信号が無い場合には、5秒くらい経つと消えるようにセッティングされています。バックライトだけ付けばいいので、余計な回路をショートカットして、バックライトを電源と繋げられないかなーっなんて考えましたが、インバータ部分がどこにあたるかすら分らない素人の僕にはさっぱりです。

up6.jpg

うーん、こういうのわかる人に憧れる

えーあい

「ゲーム開発者のためのAI入門」という本を買いました。
up_20101213010045.jpg

ただの無性に組みたくなったのはAIというよりは、ニューラルネットワークや遺伝的アルゴリズムといったアルゴリズムが組みたくて買いました。かなーり前々から組んでみようと思ってるんですが、なかなか手をつけれないでいたので、起爆剤になればいいなぁ。

スマートグリッドなど、今や実際の施設の運用などでも学習機能を搭載した人工知能を用られてきており、あらゆる分野で何かと耳にすることの多い、この2つのアルゴリズム。アルゴリズム自体どういうことをしているのかは理解していても、実際にある求める機能として動作させるとき、どう適用していくかの理解は実際にやってみないと分らないことが多いですから、とりあえずゲームで組んでみようかと。

プログラムが自動で学習するとか、考えるだけで楽しい。
PCをより便利な道具にするために、AI技術、習得したいー
このブログについて
□ ブログ内容
決まった趣旨はありません。
興味を持ったこと・日常で行ったことを何でも書きます。

3DCG・プログラミングなどが多めです。

□ 現在の活動
・ウェブサイト制作
 (http://tiblab.net)
・3Dゲーム制作
 (コックパニック)
検索フォーム
ユーザータグ

Blender キャプチャ blendファイル BGE Python GameEngine ムービー Android CG  Red5 Terragen C# C++ 

カテゴリー
プロフィール

TiBra

Author:TiBra
趣味でCG制作、プログラミング等を行っています。メイカーズに憧れています。

ネットを通じた交流を広げたく思っていますので、コメント・メールはお気軽にどぞー

戯言程度のことは、こちらのブログに投稿しています。基本戯言なので、実質移転しているようなものです。

Mail:tibraあっとlive.jp
HP:TibLabmemocode
動画:VimeoFC2動画ニコニコ
ファイル:SkyDrive
企画:3Dゲーム作業実況

Blogリンク
不都合がございましたらご連絡ください。
当ブログのリンクバナー
FC2 ID
FC2カウンター
RSSフィード+解析コード