パーティクル オブジェクトの複製

えと、新パーティクルによるオブジェクトの複製。
cap_20080829211742.jpg

VisualizationをObjectにするだけだす。それだけだす。

weeds.jpg


新パーティクルは便利ですね。あとこれでHairに合わせてオブジェクトを変形できたら最高なんだけども。

ただ、複製するオブジェクトの基準点がグローバル座標の原点になってる気がするのだけれど・・・。これって不便だと思うんですけど、設定不足?仕様?ブレンダーお馴染みのとりあえず実装させてみました的なノリ?

blendファイル



雑草作ろうとしてるんですけど、うまくいきませんよー・・。風になびく草木が作りたいよー・・。

Blender パーティクルの下地を表示

2.47でましたね~。

えーと、パーティクルでHairを発生させて、下地のメッシュも表示する時の設定。

cap_20080826235155.jpg
colで毛にマテリアルの適応で、Emitterで下地を表示。

Emitterなし
1_20080826235603.jpg


Emiiterあり
2_20080826235633.jpg



まー、ふつー、問題なく気付くと思うんですけど、僕は気付くのにちょっと時間くってしまったので、一応記載。

効果音どうしよー

どうも。まとまった時間があるのかないのか微妙な日々です。夏休みってのに全然作業してねーorz

まるきり進んでいないアニメーション作成の方ですが、効果音どうしよーかなーと思い始めました。現実逃避みたいなもんです。先の作業のこと考えるのは楽しいんです。

インターネットで配布されているものや、自然音の収録されたCDを買うのも手ですが、ドアの開閉音や砂利の音などの身近な音とか自分で録りたい。また、
http://www.jnrpc.com/koukaon/
のように、現実不可能なものを身近なもので代用して、自分で効果音作れたら楽しいよね!ってなノリで、今日は丸一日開いたこともあって、行ける範囲の電気店や音楽、オーディオ店を回ったり、ネットで調べまわったりしました。はい、そこ、なら作業しろよとか言わない。必要になるのは当分先ですが(苦笑)、備忘録代わりに書かせてください。

以下は何の実証にも基づかない、妄想的観測です。かき集めた情報を出来るだけ総合的に客観的に捉えたつもりですが、実体験の基づかないものほど危ういものはないです。


自分で効果音を作るメリット
・必要なものが作れる
・動画にタイミングを合わせられる
・著作権を気にしなくてもいい
・きっと楽しい

デメリット
・録音機材が要る
・音編集ソフトが要る
・録音技術が要る
・音編集技術が要る
・面倒(だが、それがいい)


まず気になるのが、どんな機材が必要で費用はどれくらいかかるんすか?ってことです。

安い録音機材じゃだめなんかー?

まず家にある録音機材を探してみた。出てきたのは、パソコンのマイク、ケータイ、D-snap(もらいもの。写真、簡単な動画もとれるマルチメディアタイプ)。パソコンのマイク端子に接続するタイプは、構造上パソコン内部で必ずノイズが混入する。ケータイにしても、D-snapしても、安いICレコーダーなんかは、「ザー」というラジオの無局番のような雑音が入る(ホワイトノイズというらしい)。

このノイズ、編集で取れないの?

Audacityでやってみたんですが、なんか水の中に入ったようなコポコポした感じになってしまい、とてもナチュラルには聞こえないレベルでした。これをナチュラルに取り除くには相当な技術がいるとみた。よって、このノイズが録音段階で気にならないレベルである必要があると結論付けた。

と言うことは、カセットレコーダーなども、音をパソコンに取り入れるときにマイク端子を使う事になるので、ノイズが発生するので使えないことになる。アナログはだめってことっすね。やはり、それなりの機材は必要みたいです。


効果音を収録するための機材について
http://3dcg.homeip.net/3d_efficiency/efficiency_Sound_03.php

ここから、MDレコーダーを持っていれば、これに外部マイクなんか買っちゃうのが、もっともお手軽っぽいけど、あいにくMDレコーダーは持っていない。MDレコーダーもそんなに安くない(1,2万はする)ので、一からそろえるには向かない。

細かいところは上記のURLで書いてある通りとして、これから機材をそろえる前提で、費用や実用性などから判断すると、

録音機材=>PCMレコーダー

ということになるみたい。PCMっていうのは、音声をデジタルデータに変換する方式の一つなんですが、要するに、聞き取ったデータを出来るだけそのまま、非圧縮に録音する機材がPCMレコーダーです。

このレコーダーの優秀さも音質に影響するのですが、もっと影響するのが「マイク」らしい。

さまざまなところのレビューでアップロードされた録音を聞く限り、ぶっちゃけ普通の人にはレコーダーによる優劣の差ってのは分からないと思うんです。普通PCMレコーダーには内部マイクがついてるので、音質の差はこの内部マイクの差じゃないかと思ってます。
 つまり価格的にも性能的にも、高いレコーダー=安いレコーダー+それなりのマイク、という等式も考えられるのではないか?実証はないけど。ということは・・

ICレコーダーじゃだめなの?

さっき安いICレコーダーだとノイズが入ってだめだっと書いたんですが、
http://www.sanyo-audio.com/icr/s280rm/index_ps285rm.html
http://www.ecat.sony.co.jp/ic-recorder/product.cfm?PD=30307&KM=ICD-SX78
のように少しばかり値が張るものだと、PCM録音できちゃうものもあって、事務用のくせに有志の方がアップロードされた録音を聞くと屋外でも結構クリアなんです。例えば
http://bbs.kakaku.com/bbs/20778010213/#7790926

マイクの性能によるノイズも多分にあると思うので、例えば
http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/mic/acc/index.cfm?PD=885
といったマイクを使えば、もっとよくなるのでは?と思ってしまいます。
よりゃあー、もちろん根っからのPCMレコーダーと比べたら聞き劣りするでしょう。メインで環境音を取りたいって人がこの手を使うのは馬鹿ですが、ICレコーダーも業務用にほしくって、+αのお金で「それなり」の環境音が取れるのなら嬉しいじゃないですか。

 しかし、実際にやってみた音を聞いたことがあるわけじゃないので、その「それなり」がどれほどの「それなり」になるか分からない。僕は講演用にICレコーダーがほしいと思っているので、このやり方に興味があるのですが、リスキーですね。どこかに人柱は・・。


どんなPCMレコーダーがあるの?

まぁメインに効果音取ろうとしたらやっぱ、PCMレコーダーほしいです。現実は予算との闘いなので、メジャーなところを価格別にランク付けしてみます。ランクは自分から見たイメージで勝手に決めてます。相場は実はよくわかってない。

プロレベル(10万円以上)
・sony PCM-D1 

ハイレベル(5万円~)
・sony PCM-D50
・KORG MR-1

ミドルレベル(3~4万円)
・オリンパス  LS-10
・Marantz PMD-620
・ローランド R-09HR

実用レベル(2~3万円)
・ローランド R-09
・M-Audio MicroTrack II
・Tascam DR-1
・ケンウッド MGR-A7
・Zoom H4
・Zoom H2

???
・三洋電機 ICR-PS390RM


プロレベル→ばーか、ばーか、お前の母ちゃんでべそー、うわーん
ハイレベル→かなりの意気込みがいるなぁ
ミドルレベル→うーん、いきなり手を伸ばすの躊躇う価格
実用レベル→精一杯手を伸ばせばとどく
???→これってPCMレコーダー?


プロレベルはさておき、この辺の価格帯で、音質が一つ抜き出ているのはPCM-D50だそうです。まぁ、なんにせよ手は出ません。手が出せるのは実用レベルまでですので、そこに限定して検討します。


サンヨーのICR-PS390RM。上でも書いたんですが、分類はICレコーダーだけどPCMレコーダーもかじっている代物。これが実用に耐え得れば、ICレコーダーの役割を果たし、一石二鳥。PCMレコーダーはICレコーダーに比べるとちょっと大きいですからね。が、
http://okwave.jp/qa2864268.html
や色んなところの掲示板を見る限り、PCMレコーダーとしてはダメじゃないけど、少々心もとないといった印象。用途として、「事務>環境音」の人にはいいんでしょうね。「環境音>事務」ならやめといたほうが無難とみた。


市内の音楽店に足を運んだのですが、そこにはH4、DR-1、R-09、R-09HRがありました。価格はH4、DR-1が3万で、R-09で+5千、R-09HRでさらに+8千。
特徴を聞いてみると、
H4はマルチトラックレコーダーとしてギターやドラムも接続できるし、PCとの接続も容易。
DR-1は多用な再生機能があるから楽器の練習などに最適。音質はH4よりいい。
R-09はより生音を取るのに適してる。(僕の使用用途は話してあったからこうなったと思う

となると、僕のメイン使用用途としてはR-09ということになるんですけど、差額5千円って僕には大きいんですけどー。スタンド買えるじゃん、5千円あればー。

それにR-09の新モデルにR-09HRがあるのですが、差額が7、8千円くらいあります。しかし、コストパフォーマンス的にはその価値は十分にあるというのが、大半の意見のようです。これでR-09を選ぶと気分的に相当妥協しちゃった感がでるんですけどー。


ZoomのH2がPCMレコーダーの中では最安になります。現在の最安値で2万を切る。これは魅力的です。でも、価格だけで決めるのは危険です。使い物にならなかったら、その分を溝に捨てるようなもんです。じゃあ、R-09やH4に比べてどうなのよ?

藤本健のDigital Audio Laboratory
ZOOMの24bit WAVEレコーダ新モデル「H2」を試す
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070903/dal295.htm

一番音のいいハンディ・レコーダーはどれだ!?
http://www.rittor-music.co.jp/seminar/sr/handyrecorder/

Syrinx H2使用リポート
http://www.birdcafe.net/howto/howtoall.htm

ハンディレコーダーZOOM H2をレビュー(1)
http://www.cycleof5th.com/tips/index.php?date=2007-09-04/1


値段だけあって、音質はH4やR-09には劣るみたいです。でも、僕が聞く感じだと、「なるほど!劣ってるな!」と断言するどころか、「えーと、え?ああ、まぁ、確かに・・(?)」と分かってるふりするのがやっとのレベルで、多分混ぜたら分かりません。機能的には十分ではなかろうかー。
好みが分かれるのは、「俺ってばマイクだぜ」っと言う感じの見た目ですかね。

その他H2レビュー
http://musiclife.blog.so-net.ne.jp/2007-08-17
http://www.voiceblog.jp/tin25000/538770.html


現状として、H2いいじゃん!今すぐ買っちゃいたい!って気持ちになってるのですが、とりあえず本当に必要になるまで我慢します。もしかしたらもっと安くなるかもしれないし。あー、早く必要になる段階まで漕ぎ着けたいなー・・・orz



参考
藤本健のDigital Audio Laboratory
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070903/dal295.htm

フィールドレコーディングの機材
http://otonoha.x0.com/NewFiles/equipment.html

自然音を録る為の収音マイク
http://okwave.jp/qa3299131.html

Pythonで図形のドラッグ&ドロップ

Python->Tkinter->Canvasでオブジェクトをドラッグ&ドロップします。

続きを読む

Pythonでベジエ曲線

Python->Tkinter->Canvasで2次ベジエ曲線描きます。

続きを読む

Pythonでスプライン曲線

Python->Tkinter->Canvasにスプライン曲線描きます。

続きを読む

Pythonでドローソフト制作

製作過程を載せると公言しておきながら、まったく書いていないのですが、とりあえず目次的なものを。でも、ソースを晒すってのは、抵抗がありますな~。こんなクソソースを晒していいものか・・。

今のところの最終的な目標は、ベクタ画像のモーフィングによって簡単なアニメーションを作れること(Flashみたいな)で、流れとして、まず線画ツールを目指し、その後タイムラインを実装しモーフィングを可能に、できたら彩色機能を追加という感じで考えています。(彩色はGimpなどで連番処理させればいいんじゃね?と思うところもあるので、あまりやる気なし。つーかむずそう)

基本的にはTkinterでやっていくつもりですが、面倒ならwxPythonとか他のGUIキットも使うかも。
尚、この投稿は進み具合で随時変更します。

ちなみに僕はド素人です。ここでの情報はむしろ教えを請いたいがために書いてるようなものなので、初心者の方、間に受けないように。間違いや阿呆なやり方をしていたら指摘してほしいです。

尚、Pythonのバージョンは2.5.2です。

現在、一時中断中ー

現状


基本
スプライン曲線を描く
2次ベジエ曲線を描く
オブジェクトのドラッグ&ドロップ
オブジェクトの削除
画像の保存

1.線画ツール制作 製作過程
GUIベース
オブジェクトクラスとアンカークラス
曲線の描写
アンカーの追加
・アンカーのドラッグ
・アンカーの削除
・EditモードとObjectモードの切り替え
・オブジェクトの選択
・オブジェクトのドラッグ
・オブジェクトの削除
・線の色の変更
・線の太さの変更
・線の部分的な太さの変更 
・選択アンカーの回転
・選択アンカーの拡大縮小
・アンカーの分割
・オブジェクトの回転
・オブジェクトの拡大縮小
・マルチオブジェクト編集
・独自形式の保存←いまここ
                  (以下はToDo)
・キャンバスの拡大縮小表示
・キャンバスのドラッグ
・オブジェクトの開閉の切り替え
・アンカーの鋭鈍の切り替え
・ラスタ画像の出力
・ベクタ画像の出力
・レイヤ機能(グループ化)
・アンドゥ・リドゥ
・自由曲線のドラッグ描写
・ユーザインターフェイス

ソースコードをHTMLで色分け表示

ブログにソースコードを載せるに当たって、色分けを気軽にできるようにwebアプリなんぞ組んでみました。組んだってゆーか、現存のライブラリを使ったので、組んだってレベルじゃないんですが^^;
使いたい人がいれば、どんぞー。

http://academic.meganebu.com/~tibra/script/single/color_code.php
http://timidity-f.vndv.com/script/single/color_code.php


GeSHiっていうライブラリ使ってます。
http://qbnz.com/highlighter/

行数表示はtableタグで区分けしてるだけです。CSS+JavaScriptで表示する方法が分からない人(自分)用。



他にブログでソースコードを色分けする方法として、JavaScriptでクライアント側で色分けする方法があるらしい。

dp.SyntaxHighlighter-コード表示に役立つJavaScript
http://weblibrary.s224.xrea.com/weblog/web20/blog/dpsyntaxhighlig.html

SHJS - Syntax Highlighting in JavaScript
http://shjs.sourceforge.net/
highlight.js
http://softwaremaniacs.org/soft/highlight/en/

Pythonを書く フリーソフト

Pythonを書くときに使えそうなツールを書き溜めしておく場所です。OSはWindowsXP。
詳しく知り次第、追加書き込みを行っていきます。じっくりレビュー風味にしていく予定。

エディタ

お手軽

IDLE
http://www.python.org/
いわずと知れた、というかPython入れるとついてきた標準エディタ。たまにもたつくところが玉に瑕。毎度、対話モードで起動してちゃ開発になんないから、Option→IDLE Configure→General→StartUp Proferences → Open Edit Windowにチェックを入れてエディタで起動できます。
入力補間もついてるんですけど、遅いから手書きで書いちゃうよね。行数もたまには見たくなるよね。リドゥほしいよね。

JmEditor2
http://www.hi-ho.ne.jp/jun_miura/jmedit.htm
C/C++、Delphi、Java、HTML、Perl、Python、Rubyなどのモードが標準で備わっているタブエディタ。すっきりした見た目が気に入ってます。色分けだけで入力補間はない...のかな。簡単な構文解析もしてくれます。
あえてなのか、デフォルトの操作性は(僕が思う)一般ではないように思うので、設定方法を記載すると

ツール→環境設定1→マウスホイールを行スクロールに
ツール→エディタ設定→各設定から、行頭<->行末カーソル移動にチェック、フリーカーソルモードをオフ

で、後はお好みで。Pythonの書き心地から一つ言えるのはなぜ「:」の後の改行でインデントしない!?ってことです。う~ん?設定で出来るんのかな?

サクラエディタ
http://sakura_editor.at.infoseek.co.jp/
お気に入りのエディタの一つの万能エディタ。Pythonキーワードは標準でついてるはず。入力補間もできます。
Pythonの設定作ってインデンクスに「:」追加したりするとすこし幸せになります。

統合開発環境

エディタのすごい版

PyScripter
http://pyscripter.googlepages.com/
決定版ともいえる感じのもの。こいつはすごいぞー。入力補間もスイスイときたもんだ。
でも、英語です。日本語入力は文字化けした覚えがあります。しかし、ついに多言語対応になったとか。
 欲を言えば、関数、メソッドの折込が出来て、上書き保存前のアンドゥも出来たら・・。

Eclipse with PyDEV
http://pydev.sourceforge.net/
EclipseはJavaの統合開発ソフトの定番ですが、プラグインでいくらでも機能を追加できます。で、PyDEVがPythonやJython(Javaに使えるPython)の開発機能が追加できます。
書き心地等は入れてないので不明(ヲイ)。Eclipseって起動遅いから、開くの億劫になっちいます^^;

WideStudio
http://www.widestudio.org/
C/C++/Java/Perl/Ruby/Python/OCaml等のGUIアプリの統合開発環境。国産です。やや独特の操作性があるのと、日本語情報があまり無いところがネックですかね。GUIビルダーもついてる。

SPE IDE - Stani's Python Editor
http://pythonide.stani.be/

Eric Python IDE
http://www.die-offenbachs.de/

この辺もう、ぐぐったら当たったってだけでさー。

GUIビルダー


wxGlade
http://wxglade.sourceforge.net/
wxWidgetsコードの生成がメインだけど、PythonのGUIライブラリの一つであるwxPythonのソースコードをGUIから構築できる。これ自体がPythonのwxPythonで作られていて、使うにはインストールが必要です。
Applicationのプロパティの下のほうのOutPut Pathを設定してGenerate code!すごい。もうできた。

ボーンダイナミクス2

息抜きにぷら~とfedbさんのとこ見て、ぷら~とサンプルファイルを覗いてみると

up_20080805225136.jpg

こ、これは・・・、IKターゲットを頂点グループに!?こんなことできたっけ?と思ったら2.46からみたいですね。そういえば、リリースノートかどっかで見た気がするなぁ。ということはあれか。こんな力技をする必要はなくなったということか。


時間かけたくなかったので、てけとーです。


CopyRotationはちょっと挙動がわからなかったのでIKでやってみましたが、十分っぽい。

これはいけるといきがっていたのに、わずか一度の実用待たずして無用の産物になってしまったわい。ま、簡単になるのはいいことですけどね。


それにしてもHPちょっと重過ぎるなぁ・・。

これから

どうも。久方ぶりです。死にたい気分いっぱいのTiBraです。
選択科目2つを犠牲にした必修科目まで落としてしまい、ダブりをほぼ手中に収めました。あー、あー、あー・・・・、生まれてきてごめんなさい。

受験との時ほど必死だったとは言いませんがね。一生取れる気がしないのはどうしたもんでしょう。まったく力学ってヤツぁさぁー、あー、あー・・・・、生まれてきてごめんなさい。


さて、とりあえず(再)提出物がごまんとあるので、あと一週間ほど放置が続くと思うんですが、これからの話をします。夏休みですからね。


今年掲げた目標として、昔こんなこと↓を書いていたのですが、

・ファイル共有コンテンツ(PHP)の完成
・画像にお絵かきできるアプレット(兼ビュアー)
・CG動画作品をどこかのコンテストに出す

すぐ出来ると思っていたら、もう3分の2近く過ぎていて、全部無理なんじゃね?という気がしないでもないですが、往生際悪くまだやろうとしてます。

ただこのうちの1つ、アプレットを変更してPythonでアニメーションソフト目指します。元々、アプレットはサークルのWEBアルバムあれば面白いかなと思って構想を練ったんですが、既に廃れてしまってモチベーションが維持できないので変更しました。

アニメーションソフトというといきなり敷居が高そうですが、到達目標は3Dモデルの人の顔の表情をテクスチャアニメーションすることです。要は顔の動画、あるいは連番画像を作ってそれをテクスチャとして貼っつけてやろうことです。


興味を持っている言語(もってるだけでどれも書けない)にJava、Python、C++があって、最初はかなーり前からぼちぼち触っていて、本も買っているJavaでやろうとしました。開発環境も情報も豊富ですしね。

ですが、PHPでものすごくいい加減な書き方を書いてきた僕は、定義やら修飾子やら返値の指定やら、なんかこう決まりごとみたいなとこで、ことごとく躓いて、一向に上達せず^^;
C++はもっと敷居が高いし、ええい、システム言語なんてやっとられんわ!ってことでインタプリタのPythonでちょっとやってみようか、という流れに。


やってみようか・・って、今はそんな時期じゃないんですが、実は木曜の夜から今日の朝まで自暴自棄モードだったんで、Pythonを書きなぐっていました。

ほんとに出来んのかなーってやってたら、今こんな感じ。




http://634.ayumu-baby.com/javawork/index.html
こちらJAVAですが、こうして最初から一個一個進めてる様子を追いながらだとすごくわかりやすいし、なんかカッコいい。自分ひとりで書いてるとPHPの二の舞に成りかねないので、聞かずは一生の恥の精神で、僕も製作日誌のように追加した機能とソースを書いていきたいと・・・・

情報提供とは思ってないです。教えてほしいだけです^^


ムービーももちろんやるぞー、ってまだ休み気分になるな!切り替える方向が違う!
このブログについて
□ ブログ内容
決まった趣旨はありません。
興味を持ったこと・日常で行ったことを何でも書きます。

3DCG・プログラミングなどが多めです。

□ 現在の活動
・ウェブサイト制作
 (http://tiblab.net)
・3Dゲーム制作
 (コックパニック)
検索フォーム
ユーザータグ

Blender キャプチャ blendファイル BGE Python GameEngine ムービー Android CG  Red5 Terragen C# C++ 

カテゴリー
プロフィール

TiBra

Author:TiBra
趣味でCG制作、プログラミング等を行っています。メイカーズに憧れています。

ネットを通じた交流を広げたく思っていますので、コメント・メールはお気軽にどぞー

戯言程度のことは、こちらのブログに投稿しています。基本戯言なので、実質移転しているようなものです。

Mail:tibraあっとlive.jp
HP:TibLabmemocode
動画:VimeoFC2動画ニコニコ
ファイル:SkyDrive
企画:3Dゲーム作業実況

Blogリンク
不都合がございましたらご連絡ください。
当ブログのリンクバナー
FC2 ID
FC2カウンター
RSSフィード+解析コード