スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux(Debian)からWindows98に

なんてことやってました。こんな時代にw

何となくこうなった経緯をちょっと物語風に書いてみます。

----発端【プロローグ】------
昔なつかしの実家にあったお古のパソコン。メモリが64MBしかない代物だ。ネットにつないだり、時間のかかる処理ををさせる為だけに使っていたのだけれども、なんかしたっけ?ってくらいシステムエラーが多発。古いし、本体だけしか持ってきてないので、リカバリCDもOS(Windows98SE)のCDもなし。それゆえクリーンインストールさえままならなかった。
 決定的にイラついたのがネットにつながらなくなったこと。ネット情報をかき集め、一つ一つ試し、修復を試みるも最終的にOSのCDを求められるはめに。

奮起、もとい、噴気した僕は、Windowsを捨て、Linuxにでも変えてやろうと決意したのでした。
選んだのがDebian GNU/Linux。というより他のはメモリ不足でインストール以前にシャットアウト。ローメモリーモードが用意させていたコイツだけがイントールを許された。初のOSインストールだったのでわけわからずとも、勘と勢いだけでインストールを完了。

胸踊る中、パソコンを再起動。順調に立ち上がっているようだ。こんにちは!新たな世界!

そこに広がっていたのは英語の世界。なぜだ?ちゃんとJapaneseを選択したはずなのに。

いいや。この際関係ない。必要なソフト(英語なので問題なし)とネットがつながればいいのだ。さあ、開くぜ。ウェブブラウザ!

NOT FOUND


そういえば忘れていた。このパソコンはLANボードもないのを・・・。


USBタイプのLANアダプタを使用していたのだ。それしてそのアダプタにはWindows用のドライバしか用意してなかった。

こうして僕はWindowsに戻る羽目になったのです。まぁ、方法としてはPCカードタイプのLANアダプタを買うとかもあったのですが・・。友達に98のCDないかな?ってきくとあるって言われたもので^^


こんなことする人はもういないとは思いますが、もしかしたらと思い、僕がした事を書き連ねます。きっと意味ないけど。

Windows98SEのインストール


Windows98SEの入手 → 友達から借りた(この辺は目を瞑るんだ)。そしてコピった。なければ・・・。

インストール参考
http://batabata.no-ip.com/pc/98i.html
http://mbsupport.dip.jp/index.htm


ブートする順位をフロッピー、CD、ハードくらいにしときます。
(パソコン起動時にF2でBOISモードにはいって変更)

CD(Win)からブート。

問題1. 途中でエラー。初期化できんとかどーたらこーたら
→前にインストールしたLinuxのファイルシステムが邪魔と思われ。

手元にあったDebianのインストールCDでブート(他のでもいいと思う)。パーティションがどうたらの所まで進めて、「手動」を選択。ext3があるのを削除。他になんかあれば削除。削除削除削除!
(参考:http://www.imlab.sie.dendai.ac.jp/wiki/index.php?Linux%A4%AB%A4%E9Windows%A4%D8%A4%CE%B0%DC%B9%D4

再度Win98のCDでブート。適当に進めると起動ディスクを要求される。

問題2.起動ディスクがない!
本来Win98を消す前にWin98で作っておく。
http://www.netjapan.co.jp/r/_solution/others/sol7.html
しかし、ない場合、下記のサイトから起動ディスクが作れる。
http://www.allbootdisks.com/

必要なソフトをインストールし、手順通り進むと起動ディスクの完成~。ありがたい!

再度起動ディスクでブート。僕は念のためFDISKで領域削除。再構築。
(参考:http://homepage2.nifty.com/winfaq/fdiskhowto.html
http://batabata.no-ip.com/pc/98i.html

ESCで戻った後、Ctrl+Alt+Delで再起動後、setupと入力してインストール開始。

あとは普通に進める。

問題3.プロダクションキーを入力!?

普通なら当然だろ!って突っ込まれそうだけど、僕にとっては予想外。パソコンの底面に貼ってあった。助かった・・。
無事インストール完了。が、


問題4.USB、その他アダプタ等のドライバのインストールが上手くいかない。

とりあえず、ネットに接続しようとしたのだが、LANアダプタのドライバのインストールが上手くいかない。Windows98SEのasp.exe(記憶曖昧)が見つかりませんとか言われる。
とりあえず再インストール。解決する。くそう、最初から出来てろよな。


問題5.画面の解像度(領域)が変わってる
640×480になってしまっている。モニタは本来1280x1024なのでとても見ずらい。画像がマジキモい。画面のプロパティからこれ以上に変更できない。
あったあった。同じ事例。(僕はLavieCだけど)
http://pasokoma.jp/bbs7/lg210140
ここで紹介されているURLはリンク切れだけど、ここにファイルおよびインストール法があった
http://search.casnavi.nec.co.jp/download/pc/module/ewin98/004q/Lynx3dm/Lynx3DM.htm
でも、だめだった。一体どれにすれば・・

ここでようやく「NECのパソなんだからNECのHPを見よう」ってなる。普通は最初に来るはずなのに。

あった、あったディスプレイドライバ。
mb1w9x1.exeってのを落としてくる。起動。
Directx7のインストールを求められる。ないのでDirectx9cをインストールする。
完了。mb1w9x1.exeのインストールを始める。これでできなかったら・・・、そんな一抹の不安を抱えつつ、完了。再起動。できたーーー!!



こ、こんなに苦労するとは思わなんだ。何事も最初は大変だなぁ。

スポンサーサイト

東京空中散歩

昨日、mixiの3DCGのコミュニティーで「東京のモデルデータあります」というトピックがたっていたので、覗いてみました。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=19811214&comment_count=18&comm_id=345957

東京のモデルデータを非商用に限り無料提供してくれるとの事。都市のマスタープランの課題も出ていますし、興味があったので、提供先である株式会社アルシードの代表SAKURAYAさんにラブレターを送ると、気さくにもデータをいただけました。SAKURAYAさん、ありがとうございました。

さすがに個人で都市を作るのは大変ですからね。参考になります。


DXFファイルの提供でしたので、ブレンダーで取り込むと大きさと座標が色々面倒なことになるんですが、修正すれば大丈夫。


かなり手抜き仕様ですが、こんなものを作ってみました。どんなデータか分かる程度ですが・・・
http://timidity.yokochou.com/3dcg/tokyo_skywalk.html

前半が時間を読み違えちゃって、どんだけぇってくらい動きが高速^^;
無駄に長くて書き出しに2,3時間かかってるんで、修正する気にもならず。こんな時のために実家から持ってきたオンボロパソコンはなぜか起動すらせず、フリーズorz


「東京を津波に襲わしてやろうか、へへへ」と思ったりはしてるんですけど、できるかな?

がびーん

この効果音もう使わないかな?いや、でも好きだったし。すごいよ、マサルさん。

先日やろうとしていた課題のスーパー車椅子、結局あまり改良せず^^。Civil3Dに取り込んだとき、良く見ると正面以外の座標はぐっちゃぐちゃで修復不可能でした。
オブジェクトを一つのメッシュに結合する事で、ぐっちゃぐちゃは免れることはできますが、当然マテリアルまで結合してしまう。
Blenderでは一つのオブジェクトに複数のマテリアルを適用できますが、Civil3Dに取り込んだときには反映されず・・・orz

しょうがないので、10分くらいでテキトーに作った椅子にするか~

おまけにうそこメーカー色々。
http://maker.usoko.net/nounai/
20070622195505.gif
う~む、Hより愛の方が多いところはせめての救いか・・。

あと
20070622200133.gif
ふむふむ。手先は器用ですけど、人としては不器用です。

20070622200555.gif
怪しい事この上ないですね。

リッチテキスト系エディタのフリーソフト

レポート課題多すぎですよ。っと文句を言いつつ、文章作成に重宝するフリーソフトの紹介。

文章作成といえばワープロソフトですが、軽さがないので個人的にあまり好きじゃありません(といってもWordと一太郎しか使った事ないんですが^^;)。そこで探し出したリッチテキスト形式のフリーソフト。つまりはワードパットみたいなの。というかワードパットでいいんですけど、あれ、なぜか字数表示とか、字数制限がないんですよね。

てきっち

http://www.geocities.jp/pon_nebula/
とってもシンプルで軽快。それでいて結構機能もそろってます。とにかくシンプルって人にはもってこい。
 個人的に、常に最前に表示の機能があるのが好きです。これにタブと印刷プレビューとリッチテキストファイルからHTMLファイルにエクスポートできたら僕の中で最強(HTMLファイルに出力はできるけど、タグはつかない)

CK Editor

http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se340531.html
ワードパットより違った感じに機能的。何よりタブがある。ただ行間が若干狭いのが気になります。というか、なんでワードパットもてきっちも行間を設定する事ができないのか。リッチテキストファイルにそういう設定はないのかな?更にこれ、「設定」がなぜか選択出来ないのが気になる。木になる。

たぐメモ

http://www.geocities.jp/is3000nx/soft/junk/#tgm
これはちょっとタイプが違って、複合型メモ帳です。複数のテキスト、リッチテキスト、CVSデータが一括管理できるソフトです。タグもつけられるし多くのファイルを扱う時は重宝しそう。実際重宝してます。上記になかった行間や左右の余白も設定できて気持ちいい。ヘルプの「使い方」には惚れる^^。

NanaTree

http://www1.cncm.ne.jp/~ogawate/software/nanatree/nanatree.html
リッチテキストというか、ツリー型メモ帳というか、アウトプロセッサというか、画像や表なども挿入可能で、むしろ簡易ワープロ的なソフト。こ・・・、これだ!っと思いました。印刷プレビューもありますし、レポート作成にはなかなか良いのではないでしょうか。


(見つけ次第追加予定。あと、この辺の文章は追加次第で変更したりします^^;)


追記:
レポート制作といえば、アウトラインプロセッサっという選択肢もあるわけですよ。というか、そのためのものですし。アウトラインプロセッサ?使えばわかる。もはや面倒なのでこの辺ごーw
http://ringonoki.net/tool/outline/1-outline.php



おまけ。

リッチテキスト(RTF)からHTMLへ変換

ブログの記事なんかもこれらで書ければ楽かなぁっと思ったので。

rtf2html

http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/namazu/windows/rtf2html/index.htm
たくさんありそうで、意外になかった。見つけたのこれくらい。HTMLで出力できるリッチテキストエディタも見当たらず。検索の仕方が悪いだけかも知れませんが。

上記のプログラムは、主流のウィンドウ型じゃありません。

※追記:コメント欄にもっと楽に出来る方法があります。トリさん、ありがとうございます

使い方は(WinXPの場合)「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を起動。または「ファイル名を指定して起動」で「cmd」と入力。

C:\Documents and Settings\Owner>

こんな感じのことが書いてあると思うので(たぶん人によって違う)その後に、

C:\Documents and Settings\Owner> C:\(プログラムまでのパス)\rtf2html.exe C:\(変換したいファイルまでのパス)\○○.rtf

と入力。右クリックから貼り付けできるので、使った方が無難です。ファイルのパスはファイルのプロパティからコピーできます。
その後、Enterを押すと、その下にリッチテキストファイルから変換されたHTMLが表示されます。

右クリックから範囲指定。その後、Enterを押すとクリップボードにコピーされますから、テキストエディタにでも貼り付けます。


正直メンドクサイ。せめて普通にHTMLファイルで出力してくれ~。そしたらバッチファイル作るだけで楽なのに~。

追記:できます。トリさんに教えていただきました。
ちなみにバッチファイルでやるなら、プログラムのあるフォルダにaaa.bat(てきとー)を作って、メモ帳で編集

rtf2html.exe in.rtf > out.html

と書いて保存。パスは相対パスで大丈夫(たぶん)。その後、実行すればout.htmlができるはず。ただコメント欄の方法のほうが楽だと思います。いや~、これだけ手間が違うとは~。無知って怖いね^^



てか、alphaEDITなどのWYSIWYGなHTMLエディタ使った方が楽。それどころか、普通にテキストだけコピペして手動で装飾した方が楽かもしれないという。

とりあえず

生きますよ投稿みたいなのを一つ。ネタがないときの王道です。

案の定、微積分という強敵に打ちのめされ、酷い頭痛に悩まされています。来週も試験と課題が続出ですので、いやはやお先こわい。


どうでもいいついでに、も一つ。家のネットをケーブルから光に変えました。特に値段は変わらず。数値上は速度が8MBから100MBに上がったわけですが、体感速度でいうと変化なし。

こちらがどんだけ通信速度あげたって、向こうのサーバの処理速度は変えられませんからね。基本、テキスト中心の情報をあさるくらいしかネット利用しない僕には、ほとんど大差ないです。

むしろ、一時的(5分か10分くらい)に通信不能になるのが、割と頻繁に発生するので、むしろケーブルの方が快適に感じます。これはたぶん住宅環境で来るもんだと思いますが・・。
 やっぱ安定性は高かったんだなぁ、ケーブル。


ただ、複数のパソコンにネット接続する場合に、ケーブルではオプション料金が追加させるのに対して、光(OCN)だと5台までいけるのがうれしい。早速、古いパソコンでも出来るようにしました。うきゃ!

ルータを使用するので、前てこずっていたWindows同士のファイルの共有もIPとかDNSとか設定することなく自動取得で、すんなりいけたのが何より、うきゃうきゃ。



といっても、試験、課題であまりパソコンいじれてないので、再来週からまたいじれるといいなぁ。


まだ頭痛が引かないというのに、今からサークルの新歓(飲み)です。ぶっちゃけ、行きたくないけど、一応名ばかりながら部長だし・・・。ソフトドリンクと麦茶でごまかさなければ!
このブログについて
□ ブログ内容
決まった趣旨はありません。
興味を持ったこと・日常で行ったことを何でも書きます。

3DCG・プログラミングなどが多めです。

□ 現在の活動
・ウェブサイト制作
 (http://tiblab.net)
・3Dゲーム制作
 (コックパニック)
検索フォーム
ユーザータグ

Blender キャプチャ blendファイル BGE Python GameEngine ムービー Android CG  Red5 Terragen C# C++ 

カテゴリー
プロフィール

TiBra

Author:TiBra
趣味でCG制作、プログラミング等を行っています。メイカーズに憧れています。

ネットを通じた交流を広げたく思っていますので、コメント・メールはお気軽にどぞー

戯言程度のことは、こちらのブログに投稿しています。基本戯言なので、実質移転しているようなものです。

Mail:tibraあっとlive.jp
HP:TibLabmemocode
動画:VimeoFC2動画ニコニコ
ファイル:SkyDrive
企画:3Dゲーム作業実況

Blogリンク
不都合がございましたらご連絡ください。
当ブログのリンクバナー
FC2 ID
FC2カウンター
RSSフィード+解析コード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。